本文へスキップ

安心・安全・健康な職場づくりをめざして

栃木労働基準監督署からのお知らせ

栃木労基署管内新「安全宣言」運動!を実施しています。
  
只今当協会では、栃木労働基準監督署長のご指導により「安全宣言」運動を実施しています
 
2020年度 栃木労基署管内新『安全宣言』運動!実施中
⁂栃木県の最低賃金
栃木県最低賃金が 時間額854円に改定されました。
~発効は令和2年10月1日~ 栃木県最低賃金リーフレット 

⁂栃木労働基準監督署  業種別労働災害発生状況
1.令和3年 月別業種別労働災害発生状況   *集計中
2年別労働災害確定値 
      令和2年確定値  /  令和元年(平成31年)/ 平成30年/ 平成29年 /  平成28年

法改正情報
    PDFにより表示されます
溶接ヒューム
2021年2月25日   溶接ヒューム等に係る令和2年4月改正の特定化学物質障害予防規則・作業環境測定基準等の改正について(塩基性酸化マンガンおよび溶接ヒュームに係る規制の追加)
令和2年9月7日 建築物等の解体改修工事で石綿対策の規制が強化
令和2年9月7日付 「石綿障害予防規則等の一部を改正する省令等の施行について(令和2年8月4日基発0804第8号)
東京労働局製作の
WEBによる改正特定化学物質障害予防規則(溶接ヒューム)セミナー
令和2年8月20日 溶接ヒューム」が特定化学物質に
 改正労働安全衛生法施行令(令和2年政令第148号)等により、特定化学物質(第2類物質)に「溶接ヒューム」とこれまでマンガンから除かれていた「塩基性酸化マンガン」が追加されました。
東京労働局製作
WEBによる改正特定化学物質障害予防規則(溶接ヒューム)セミナー
 働き方改革  
令和2年1月27日  働き方改革関連法の情報(令和2年1月27日)
中小企業においても、令和2年4月から『原則月45時間、1年時間を超えた時間外労働をさせてはいけない。』とする時間外労働の上限規制が適用されます。 
平成31年4月1日 改正労働基準法等の周知について(協力依頼)
働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(働き方改革関連法)が昨年7月6日に公布され、労働基準法の改正に関する規定が平成31年4月1日から順次施行されることなりま


業務改善助成金(最低賃金引上げに向けた中小企業業務改善助成金)のご案内

事業場に雇用される労働者の最も低い時間給額が800円を下回る場合、これを40円以上引き上げる計画をし、実行した中小企業主に対し、業務改善計画に基づき業務改善を実施した経費の2分の1(小規模事業者は4分の3)、最大100万円が支給されます。  リーフレットを参照ください。
  
詳しくは下記にお問い合わせ下さい。  
  栃木県社会保険労務士会
  栃木県中小企業総合相談支援センター(栃木県社労士会館内)

   電話:028-648-5885・ FAX:028-647-2007


関係団体へリンク